新東京論

建築家の安藤忠雄さんと
作家の新井満さんの
それぞれの
講演を聴いてきた。

安藤さんの話では
直島に行きたくなった。
1960年代を
日本は20代で元気だった。
青春時代だった。
と言っていた。
オリンピックというよりも
東京に/日本に
目標を作りたいと言っていた。

新井さんは
自身の詩集からや
千の風になってを
朗読・独唱してくれた
またシンポジウムの副題にもある
住みたいまちについて

安心して死ねるまち
安心して産めるまち
大きな夢を持てるまち
安心して老いることができるまち

の4つを挙げた。
『この街で』って歌もよかった。

「この街で 生まれ この街で 育ち
 この街で 出会いました あなたと この街で

・・・中略・・・

 この街で いつか おじいちゃんに なりたい
 おばあちゃんに なったあなたと 歩いて ゆきたい

 いつまでも 好きなあなたと
 歩いて ゆきたい」

作詞 新井満
作曲 新井満・三宮麻由子

僕の この街は 東京です。
[PR]
by archi-tetsu-t | 2008-05-21 01:08 | 展示観たり☆